福嶋線久

  • イラスト

作品

CV

2021年 京都芸術大学芸術学部 卒業

出展歴
2021年℃sesshiにて初個展(大阪市阿倍野区)
2022年は、そら(大阪市中央区)、coote(大阪市福島区)、cafeやなぎ(大阪市浪速区)、℃sesshiにて個展開催予定

受賞歴
2020年
第25回アートムーブコンクールピックアップ賞『アートふるなび賞』
第15回「どっぷり、昭和町。」メインビジュアル選考 最優秀賞
第2回タニマチ Purple Line 公募展 協賛企業賞『株式会社スタジオSou賞』スマイリンインザサンシャイン stay home with art新人賞
第15回 月のアート展 入選

2021年
ボートレースでケーキキャンペーン いいね賞
第10回YAMATOイラストレーションデザインコンペ 入選
2020年度 京都芸術大学通信教育部 卒業制作展 コース奨励賞
第26回アートムーブコンクール 入選
ヤンマーイラストコンテスト 優秀賞
ハイドロ銀チタンマスクデザインコンテスト 入賞(DR.C賞)
ざい子ちゃんイラストコンテスト 優秀作品賞

2022年
第11回YAMATOイラストレーションデザインコンペ  入選

ステートメント・PR

大阪でいう(ほんまもん)ってなんやろ。「ばしょ」には「もの」があり、「もの」はそれぞれの「ばしょ」に似合うように、パズルの一枚一枚のごとくピタリとあてはまっているのではないか。視覚で見えている「もの」の裏には見えない「もの」がある。「もの」の陰にその「ばしょ」に存在する「ひと」が見えてくる気がする。
「ばしょ」に立ち息を吸えば様々な「もの」「ひと」の世界と共に「生きている」を自分なりに実感している。
心の目を鍛えたい。自分自身を高めたい。人として成長したい。そんな思いから絵を描いている。描くことは自分の居場所である。

実行委員コメント

メタセコイアのポスター展に参加されている福嶋さん。自由でプリミティブな線や面、カラフルな家や植物が、寺田先生のアートディレクションによってモノクロで空間のある世界に再構成され、タイポグラフィが咥えられると、とても洗練されたポスターになることのマジック。福嶋さんもこの経験から間引くことの美しさを感じたのではないでしょうか。この経験を経て、福嶋さんの新しい局面に期待したいと思います。

Translate »