小河 泰帆 Yasuho.Ogo

  • 絵画

作品

CV

小河 泰帆(オゴウ ヤスホ)
1968 福岡市生まれ  東京都在住
1993 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
1995 武蔵野美術大学大学院造形研究科絵画専攻油絵コース 修士課程 修了
 
賞歴
1993 「武蔵野美術大学 卒業制作優秀賞」
1993 「三雲祥之助賞」 (武蔵野美術大学大学院 研究室推薦)
1995 「第5回リキテックスビエンナーレ 特別賞」
2015 「ACTアート大賞展 優秀賞」 (アートコンプレックスセンター/東京・四谷)
2015 「ギャラリーへ行こう2015 入選」(数寄和/東京・西荻窪 大津)(2014,2017,2018)
2016 「第5回トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション オーディエンス賞」
2017 「AFAF AWARDS 入選」(ホテルオークラ福岡)
2019 「AFAF AWARDS 入選」(アジア福岡美術館)

個展
1996 「小河泰帆展」(ギャラリィK/東京・銀座・京橋(1997.1999.2010.2012)
1998 「小河泰帆展」(ギャラリー・ル・デコ/東京・渋谷)
1999 「小河泰帆展」(不二画廊/大阪・久太郎町)
2009 「小河泰帆展」(ギャラリーMu-Rung/東京・西荻窪)
2010 「小河泰帆 小品展」(mew′s   cafe/東京・南青山)
2013 「小河泰帆展」(ギャラリー蚕室/東京・西荻窪)
2014 「小河泰帆展 clor to float」(アートコンプレックスセンター/東京・四谷)
2015 「小河泰帆展 色を奏でる」(アートコンプレックスセンター/東京・四谷)
2016 「小河泰帆展 inner voice」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)
2017 「小河泰帆展 sense of wonder」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)
2018 「小河泰帆展 ー初夏の庭ー」(かわかみ画廊/東京・青山)
2018 「小河泰帆展 Retrospective」(佐々木美術館/宮城・仙台市秋保)
2018 「小河泰帆展 風をあつめる」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)
2019 「小河泰帆展 Afterimage」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)
2020 「小河泰帆展 fragment」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)
2021 「小河泰帆展 Color Me Pop」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)
2022 「小河泰帆展 memory」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)
2023 「小河泰帆展 bouquet」(space2*3 KURUM’ART /東京・日本橋)

主なグループ展
2016〜2020「未来抽象芸術展」(全労済ホール 仙台メディアテーク/福岡アジア美術館)
2021年 100人10(Shinwa Auction/銀座)
2018 年 〜2023年『 ART@JUNGLE プロジェクト(@幻影技芸団)(@アーティストになろう)』松坂屋静岡店美術画廊/大丸東京店美術画廊/大阪阪神百貨店美術画廊/名古屋三越美術画廊
2023年 Art fired ダッチオークション出品(銀座SIX 蔦屋書店)

パブリックコレクション 佐々木美術館
作品収蔵 バニーコルアート株式会社

ステートメント・PR

1968年福岡に生まれる。武蔵野美術大学、武蔵野美術大学大学院にて油画を学び、前田常作に師事。現在は東京都を拠点に活動を行っている。
抽象表現主義やアンフォルメル、アクションペインティング、そして日本独特の「間」の概念に影響をうけ制作。日々の生活で目にするありとあらゆる事象、風景、花、風、水、光、などからインスピレーションを受け、自己の身体、感覚、記憶を通して作品を抽出。大胆な色彩、軽快な動き、音楽やリズム、瞑想的な意識と無意識の堺など、世界の一瞬の美しさを求め、独自の表現に落とし込み制作を続けている。描かれた作品は、観客の心の中に広がり寄り添い、明るいエネルギーに溢れていると評されている。

応募理由
今回のメタセコイアキョウマチボリアートフェアへの応募は、新たな人や場との出会いで、世界が広がるのではと期待してのことです。作品の制作発表の場を広げたいという思いだけではなく、企業とのコラボレーションなどにより、今までとは違った事ができるのではないかと感じています。良い出会いがあることを期待しています。

Translate »