大松雅士

  • イラスト
  • クラフト

作品

CV

2015年株式会社美研インターナショナル様のお誘いで2015年11月27日(金)〜29日(日)まで、イギリスのロンドンで開催された日本の文化を紹介する国際的なイベントのハイパージャパンに参画する。このイベントに参画したことで、日本伝統文化代表の作家の仲間入りをする

2016年7月7日(木)〜10日(日)までフランスのパリで開催された日本の文化を紹介する国際的なイベントジャパンエキスポに参画する

2016年9月30日(金)〜10月2日(日)まで開催されたアートストリーム2016に出展参加

2016年10月1日(土)に放送されたMBS関西のニュースで作品が紹介されました。

2018年1月8日17時半〜20時まで放送のeo光テレビ ゲツ→キンで制作途中の新作のちぎり絵を紹介して頂きました。制作途中ですのでモノクロでした

2018年10月ギャラリー:GALLERY Edelと取引開始

2018年10月18日(木)〜10月21日(日)まで開催されたアートフェア、「ART SAN DIEGO」に作品を出品

2019年4月4日(木)〜4月7日(日)まで開催された「ART EXPO NEW YORK」に作品を出品

2019年9月6日(金)~8日(日)まで開催されたアートストリーム2019に出展参加

2020年3月末に年間誌のアートメゾンインターナショナルに作品が掲載される

2020年4月thisisgalleryと取引開始

2020年6月REIJINSHA GALLERYと取引開始

2020年12月15日明石文化国際創生財団の4×6 Compact Art Competitionに入選

2021年3月Inicial Galleryと取引開始

2021年5月20日エディオングループサンクスアワード母の日イラストコンテスト特別賞

2021年7月20日CARDie 第1回 名刺デザインコンテスト2点入賞

2021年7月26日第3回 i-Bankビジネスプランコンテスト「人工知能AIを用いた画期的なビジネスアイディア」募集!入賞

2021年10月「ART EXPO NEW YORK」に作品を出品

2021年12月8日株式会社ラスイート「DKGAP」入選

2022年1月10日(月)~2月6日(日)に開催される公募展のDOUBHLE TALL ART & ESPRESSO BAR「諭吉展」に作品を出品

ステートメント・PR

●ちぎり絵作品:琉球朝顔(コンセプト)こちらの作品は、過去21年の作品の中で最も気に入っている作品です。真夏の太陽に向かって大きく開く花の花びらと中心部の奥行きもいいのですが、最も注目してほしい箇所は、パツンパツンに膨らんだ肉厚な感じをグラデーションの濃い部分と先に行くに従って薄くなる色のバランスで表現している蕾の部分です。
●ちぎり絵作品:カメ(コンセプト)こちらの作品は、甲羅の細かい色を目を細めて見ながら着色を進めた作品です。写真のカメの甲羅の模様を穴が開くほど見て着色を進めた作品です。カメの甲羅の模様と色のつけ方で半球面状の雰囲気をうまく出せている作品だと思います。甲羅の中から出てくる筋肉の部分はカメのシワの方向などを見て忠実に表現しています。
●水彩ペン画作品:カエル(コンセプト)こちらの作品は潤いのある肌のぬるんとした表現をよく出せている作品です。特に注目して欲しいのは左側のカエルの鳴き袋の凹みと見るからに重力を感じる顎からぶら下がっている様です。
自己PR:これまでに様々な企業が主催する公募展で賞を貰ってきました。ここで満足するのではなく、これからも評価を得続けたいと思います。

実行委員コメント

ちぎり絵と水彩で独自の世界を描く大松さん、自らもプロフィールにお書きになっておられるように、これまでも数多くの企業が主催する公募展やコンペで入賞経験のあるクリエイターさんです。日本の伝統文化をちぎり絵で表現するクリエイターとして、これからもたくさん公募に参加して、実績を上げていかれるのだろうなと期待しています。

Translate »